育毛のイロハがわかるサイト!

育毛剤・育毛シャンプー・サプリメントの選び方をランキングなどで解説!

育毛の知識をまとめ
画像
画像
画像
画像

育毛シャンプーに使われている成分

育毛シャンプーに使われているシャンプーの多くはアミノ酸系のシャンプーが多いといえるでしょう。
他にも石鹸系や植物系などもありますが、育毛シャンプーとして使用するためには
他の成分を混合しており、それだけで育毛シャンプーとは言えません。

それではアミノ酸系のシャンプーはどうなのかといえば、
アミノ酸系はそれだけで頭皮にも環境にも優しく栄養もあります。
ですが、それだけではと各メーカーが趣向をこらして様々な成分が配合されるようになっています。

「馬油」は過剰な皮脂分泌を抑えてくれますし、
不飽和脂肪酸は肌に浸透して髪に必要な栄養素を作り出してくれます。
ビタミンEは髪の栄養に不可欠ですし、ビタミンA、ビタミンB2、ナイアシン、葉酸、ビタミンC、
亜鉛、鉄、ヨウ素などが髪に必要とされています。
消炎効果のあるハーブや香草などといったものを配合したりもしています。
特にハーブや香草類はシャンプーごとに違うといっても過言ではないので、
じっくりと成分表を読みましょう。

しかし育毛シャンプー=自然のものというわけではありません。
確かに洗剤などや市販のシャンプーなどに使われているような石油や「界面活性剤」などは
使われていませんが、人工的に作ったものが皆無というわけではありません。

また香りにしても人工物を使わずに、オーガニックな自然の香りか、
柑橘系のオレンジやレモンなどの成分が使われているのです。
この辺りは女性が気にするところといえるでしょう。

ホホバオイルやアルガンオイルなどの保湿成分も育毛シャンプーに含まれており、
保湿をすることによって頭皮を乾燥などから守ります。

フケは頭皮にある皮脂が過剰に分泌し、守ろうとした結果
頭皮を覆ってしまったといってもいいでしょう。
それを防ぐための保湿成分はだいたいの育毛シャンプーに配合されています。
育毛シャンプーは汚れを落とし、洗い残しがないように
さっぱりと流れ落ちやすくなる優しいシャンプーと、頭皮に栄養を与えるようにできています。
また、育毛シャンプーを低価格で購入したい方は、このサイトは必見です!